PHPの基本構文

PHPの記述方法

PHP構文は<?php ?>で囲む。

<?php
  something;
?>
1
2
3

文法ルール

行末にはセミコロン(;)を使う。

$hoge = 'fuga';
something();
echo 'hogehoge';
1
2
3

文字列

シングルクォート(')、ダブルクォート(")で囲む。

echo 'Hello World';
echo "Hello World";
1
2

変数宣言

変数名には$マークをつける。
先頭数字はNG → $1hoge

$foo = "bar";
1

文字列結合

.(ドット)で文字列を連結する。

$foobar = $foo.$bar;
$foobar = $foo.'bar';
$foobar .= 'bar'
1
2
3

変数展開

文字列中の変数を展開できる。

echo "{$name}です。";
1

WARNING

ダブルクオートじゃないと展開されない。
シングルクォートでは変数がそのまま出力される。({$name}のまま)

条件式

記号 条件
A < B AはBより小さい
A <= B AはB以下
A > B AはBより小さい
A >= B AはB以上
A == B AはBと等しい(AはBである)
A != B AはBと等しくない(AはBではない)

複数条件

記号 条件
|| OR
&& AND

条件式の否定

条件式先頭に!をつけることで否定(NOT)となる。

!($hoge == $fuga)
1

if文

if (hoge == true) {
  something;
}
1
2
3

if~else文

if (hoge > fuga) {
  something;
} else {
  something;
}
1
2
3
4
5

if~elseif~else文

if (hoge > fuga) {
  something;
} elseif (hoge > 10) {
  something;
} else {
  something;
}
1
2
3
4
5
6
7

switch文

switch ($foo) {
  case hoge:
    something;
    break;
  default:
    something;
    break;
}
1
2
3
4
5
6
7
8

TIP

break句をcase毎に書かないと後続の処理も実行されてしまう。

配列

配列の宣言

  $hoges = array('hoge', 'fuga', 'hogefuga');
1

配列の末尾に要素を追加

$hoges[] = 'foobar';
1

インデックスの指定

echo $hoges[0];
1

連想配列

連想配列の宣言

$hoges = array(
          'key1' => 'value1',
          'key2' => value2
        );
echo $hoges['key1'];
// output -> 'value1'
1
2
3
4
5
6

繰り返し処理

for文

for ($i = 0; $i <= $length; $i++) {
  something;
}
1
2
3

while文

$i = 0;
while($i < 100) {
  something;
  $i++;
}
1
2
3
4
5

foreach文

配列の場合

foreach($items as $item) {
  something;
}
1
2
3

連想配列の場合の構文

foreach ($items as $key => $value) {
  something;
}
//省略形?
foreach ($items as $value) {
  something;
}
1
2
3
4
5
6
7

break文(句?)

for文、while文、foreach文のループから抜ける。

continue文(句?)

for文、while文、foreach文のループを1回スキップ。 ※continue文よりも後の処理をスキップする。

関数

//関数定義
function hoge () {
  something;
}
//呼び出し
hoge();
1
2
3
4
5
6

仮引数と引数

function hoge ($foo, $bar) {
  //$foo, $barが仮引数
}

hoge(1, 5); //1と5が引数
1
2
3
4
5

関数側で使用されるものが仮引数
関数を呼び出すときに与える値を引数

戻り値ありの関数定義

function hoge () {
  return something;
}
//戻り値ありの関数呼び出し
$fuga = hoge();
1
2
3
4
5